演劇アート

役者を目指しながらも結婚生活にも憧れる20代事務員の日記

メニュー| 憧れの結婚 |

憧れの結婚

婚活ブーム

結婚したい男女が減っている一方で婚活ブームが起こっています。

結婚したい派、したくない派がはっきり分かれてしまっている傾向があるようです。結婚しなくても自立して生きていける女性が増えたことも原因かもしれません。

周囲で結婚する人を見ていると、20代前半までに早くする人、30代になってからする人が多く、中間の25歳前後で結婚するという人が減っているような気がします。

初産も30代が主流になってきているようです。

女性の晴れ舞台

女性にとって人生の晴れ舞台ともいえる結婚式。

普段なかなか会えない親戚や友人が集まり、幸せな姿を披露することができる機会でもあります。

そんなステキな1日だから、少しでもキレイな姿を見てもらいたいと、ブライダルエステを受ける人が増えています。

ブライダルエステの目的は結婚式だけではありません。

結婚を機に、今まで挫折していたダイエットに挑戦したり、美肌ケアを真剣に考えるという女性も増えているようです。

結婚してもいつまでも美しい女性でいたいですね。

離婚はだめ?

芸能人の離婚騒動などが普通に放送される世の中になり、結婚に対する考え方が変わってきています。

これまでは一度結婚すると墓場までついていくというような考え方が主流でしたが、最近はバツイチやバツニの女性も珍しくなくなりました。

女性も家事や育児だけでなく、仕事や趣味を楽しむ時代です。

もちろん初めての結婚で成功するのが一番ですが、どうしても合わないと思った場合はガマンせず離婚を考えるのも一つの方法かもしれませんね。

家族

幸せな結婚を手に入れるためには、計画的に婚活することも大切です。

恋人と結婚相手に求める条件が違うという人は多く、付き合っている彼氏や彼女がいても結婚は別だと思っている人が増えています。

結婚は相手だけではなく、相手の家族や親戚とも家族になるということです。

どれだけ好きな異性でも、家族と合わなければ幸せな結婚生活は送れません。

勢いで結婚して失敗してしまわないように、じっくり婚活して理想の相手を見つけることが成功のヒケツかもしれません。

名字

女性が社会で地位を獲得できるようになり、結婚のあり方も変わってきています。

事実婚といって、入籍せずに結婚生活を送るというカップルも増えてきました。欧米にも多いそうです。

仕事をしている女性の中には、名字が変わると影響があるという人も多く、結婚すると相手の姓を名乗るのが当たり前だという考えはこれから薄れていきそうです。

時代とともに結婚のカタチも変わってきています。

これからも新しい結婚の概念がどんどん生まれてきそうですね。